Office2007

少し前に仕事の都合で、MsのOfficeソフトをこれまで使用していたOffice2003からOffice2007へ切り替えました。

パソコンの買い替えやソフトの切り替え等は、だいたい個人ユーザーの方がビジネスユースよりはるかに先行する傾向にありますので、早めにVISTAのパソコンに買い換えた方はとっくに馴れっこで笑い話のようなもんでしょうが、がらっとインターフェイスが変わって、使い始めは「名前を付けて保存」の方法も分からず、ちょっとしたパニック状態に陥りました。

元々入力の仕事などはぎりぎりの作業時間でサッサか進めていかないと納期に間に合わないので、「じっくり操作方法を確認して」なんてことはやってられません。慌てて本屋さんに飛び込み数冊アンチョコ(虎の巻)を買いこんで、パソコンの横に積み上げ未だにチラチラ覗きながら作業を進めるような状態が続いています。

導入のきっかけとなった仕事は、結局途中でうやむやみたいな状況になってしまい、「なんのこっちゃ」といった感じですが、今更元に戻す気にもならず、今のところ操作に慣れない以外はこれといった不都合もないので切り替えたまま仕事をしています。

まだ、XPのパソコンを使い続けている(うちも、とりあえずOSはXPのままですが)方のために、一応Excelを例にちょっとだけ紹介しておきすね。

下がそのExcel2007の画面。

exgamen.gif

長年見慣れた「ファイル」、「編集」、「ツール」といった「メニューバー」やよく使う機能のボタンが並んだ「ツールバー」が消え、代わりに「コマンドボタン」をグループ化した「リボン」(どこからこの「リボン」というネーミングがきたのか、イマイチぴんときませんが)とリボンの切り替えを行う「リボンタブ」が目立ちます。

左角にある「Office」のマークを、初めは単なるデザインと思っていたので「印刷」や「名前を付けて保存」などの場所が分からなかったのですが、これが「Officeボタン」という名前のボタンで、これをクリックすると従来の「ファイルメニュー」にあったようなコマンドが出てきます。

その右隣に、よく使いそうなボタンを表示する「クイックアクセスツールバー」。これは使用状況に合わせてカスタマイズすることができます。(画像で表示してある画面では既にいくつかのボタンを追加した状態)

Officeソフトのお仲間であるWord等も基本的には同じような構成になっています。(といって、今のところ仕事の流れでPowerPointやAccess等は開いて確認はしてませんが・・・)

これからWord、Excel等の使い方を覚える方や、ある程度使い勝手に慣れてしまえば、これまで「メニューバー」から順に辿っていかないと使えなかったような機能も「リボン」の切り替えで簡単に呼び出せるようになったので、使い勝手はよくなったような気もしますが、これまでさんざん従来のバージョンを使い倒した身としては、たまにしか使わないような機能は、一度調べても次に使う際はまたウロウロありかを探さないといけないような状態で、まだまだパソコンの横に積み上げたアンチョコは片付けられそうにありません。

Excelで言えば、関数の使い勝手がずいぶんと改善されたり、これまでは一旦保存してしまうとそれ以前の状態には遡れなかったのが、うっかり保存してしまってもいくつか前の状態に戻せるなど、機能の面でもかなりありがたい変化もあるようです。

それでも、うちの場合は使用目的が請負作業で、ファイル形式が従来のExcelやWordとは互換性がないので、大半のクライアントが「Office2003」までのバージョンを使用している今の状態では、先方で開いた際に思わぬ不具合が発生する可能性も十分考えら、Excelで文書のレイアウトを行うなどこれまででも細かい部分まで神経を使う必要があったような仕事では、「Office2003」の入った他のパソコンでちゃんと確認してからでないと納品できないなど、面倒な作業も必要になります。

今のところ手放せそうにないアンチョコにしても、「Access」に関するものとか、まだまだ揃っていないものも結構あるのでそちらの出費も薄利多売の商売としては痛いところ。いつかは行わなくてはいけない切り替えではありますが、当分頭を悩ませるシーンが続きそうです。


データ入力・集計 代行、WEBデザイン・画像作成 オフィスユーケー Office U.K.