カミさんが足の骨を折りまして

いや~っ、大変でした。

4月に入ってすぐにバタバタっと重なって仕事が入ってきたのがことの始まり。

量が多いだけじゃなく手間がかかり神経を使う仕事が重なって、それだけでかなりアタフタしていたんですが、こういう時に限って断れないお客さんから細かな仕事が重なって飛び込んでくるんですわ。まあ、ここまでならいつものパターンなんですが。

幸い、今回はある程度日程の融通がきくものが多く、4月いっぱいやりくりを続けゴールデンウィークのお休み期間をうまく活用すればなんとか連休明けには目処がつきそうなところまで持って行きました。(こちらは「連休」も何も関係ないので、相手方がお休みで動かないのは助かります。淋しいと言えば淋しいですが・・・)

ところが、連休を目前にして突然のアクシデント。

我家のすぐ近くに80を過ぎたカミさんの母親が一人で暮らしていて、夕飯を届けるのが日課となっているのですが、たまたま道路脇の空き地に足を踏み入れた際、窪みに足をとられて捻ってしまったのです。

当初は痛みはあるもののそれほど腫れもなく青あざが目立つ程度で、軽い捻挫ぐらいに考えていたのですが、1週間ほど経っても症状が改善せず逆に痛みが増している様子にさすがに心配になって近くの労災病院に連れて行きました。

レントゲンを撮ってもらったところ「骨が折れてます」と言われ、病院に入る時には足を引きずりながらも自力で歩いて中へ入って行ったのに、迎えに行った際は松葉杖で足にはギブスという哀れな姿で出てきました。

それでも当初は、買い物と義母宅への夕食の配達をを代わる程度で何とか他の家事はこなしてくれていたので助かったのですが、ようやく仕事がちょっと落ち着いてきた頃になって、しっかりそのツケが回ってきました。

骨折した方の足をかばって動いている間に反対の足に負担がかかり、骨折した足より腫れてきて、立ち上がることもできない状態に。

大変だったのはこれから。ちょっと落ち着いたとはいえ、まだまだ仕事が忙しいところへ、買い物、料理、洗濯などの家事も一人でこなさなくてはならないはめに陥ってしまいました。

ホームセンターで調達してきたキッチン・チェアを使ったりして晩御飯の支度ぐらいはなんとかできるようになるまでに、およそ2週間。その後は徐々に動けるようになったものの、その頃には何とかスケジュールをやり繰りしてしのいできた仕事の方がパンク寸前の状態になってしまい、最後は心身ともにボロボロの状態に。

仕事が忙しくなりかかった4月初めからようやく一息ついた6月半ばまで、地獄のような日々の連続でさすがに疲れました。

1年前なら、まだ娘や息子が一緒に住んでいたので、いざとなれば助けを期待できたんですが、夫婦二人になってしまった今、改めて体調管理の大切さを思い知らされましたねェ。

ほっとしたのもつかの間、7月に入って、またまた仕事の方の雲行きが怪しくなってきていますから、忙しいからと健康管理がおろそかにならないように気をつけなくっちゃ。


データ入力・集計 代行、WEBデザイン・画像作成 オフィスユーケー Office U.K.